のぼり刃物店トップページ>釘〆>     072-624-0146
「田斎」釘〆

【田斎】
 新潟県三条市の鑿鍛冶。田斎明夫氏、道生氏の親子2人で製作されています。
 切れ味、使いやすさに加え、黒仕上、磨き鑢、木目など,美しく丁寧な仕上げも田斎鑿の特徴です。
 主に大工鑿を製作されますが、様々な特殊刃物も相談に応じ製作していただけます。
 また、田斎道生さんは釘〆や玄翁など、刃物以外の道具も製作されます。
 『田斎』銘の刃物の他に、『道田斎』『田斎志』『風雪田斎』などがあります。



【田斎作釘〆
 田斎鑿製作所、田斎道生氏による釘〆です。
 道生氏は鑿や刃物だけでなく、意欲的に色々な物を鍛えられています。
 釘〆も丁寧な仕事ぶりです。

 種類も豊富で幸三郎型・建具用・付鋼木目があります。
 付鋼木目釘〆の先端部分は鋼付けです。
(磨き仕上の鋼付も入荷しました。)

価格お問い合わせ下さい。
田斎作 釘〆 角 TMK-KAKU
田斎作 釘〆 幸三郎型 TMK-KO3
田斎作 釘〆 丸 TMK-MARU
田斎作 釘〆 建具用 TMK-EKUBO
田斎作 釘〆 鋼付木目 TMK-HMM
田斎作 釘〆 鋼付磨仕上 TMK-HMS

※店舗での販売もしていますので、表記が在庫有でも、タイミングにより欠品している場合もございます。
 念のため、ご来店前やお問い合わせの際に、ご確認いただきますよう宜しくお願い致します。




釘〆角型 
角型の釘〆です。




釘〆幸三郎型
三条の玄翁鍛冶、長谷川幸三郎さんの釘〆の形を参考にしています。




釘〆 丸型
丸型ですが、真ん中が八角になっているので転がりにくくなっています。


田齋式“建具屋用 釘〆
建具職人さんの声を形にした釘〆です。
 実際に職人さんが釘〆を手に取りながら意見を出しそれを元に以前よりご要望の多かった
 田齋式“建具屋用釘〆が完成しました。
 通常品に比べ、釘〆自体が邪魔をしないよう全体的に細くなっています。
エクボとは
 ふすま等の引き手金具内の釘を打つ際、釘の頭にしっくり打てるように
 先端部分に専用の「エクボ」が付いています
注意点
 建具の仕事以外でもお使いいただけますが、先端部分(エクボ)の肉厚は薄くなっている為、
 強く叩くと欠損の原因になりますのでご注意ください。


田斎式建具屋用釘〆の先端『エクボ』です。



田齋作 付鋼 木目釘〆 【丸型】
丸型の鋼付釘〆
木目仕上げになっています。



田齋作 付鋼 磨き釘〆 【丸型】
丸型の鋼付釘〆
磨き仕上げになっています。
色目は磨きと黒の間位、控えめな磨き具合です。

※店舗での販売もしていますので、表記が在庫有でも、タイミングにより欠品している場合もございます。
 念のため、ご来店前やお問い合わせの際に、ご確認いただきますよう宜しくお願い致します。

のぼり刃物店TOPページ
店舗情報
のぼり刃物店
大阪府茨木市大手町7-24
TEL&FAX 
072-624-0146 (9時〜21時受付)
mail    noborihamonoten@nifty.com(24時間受付)

メールFAXお電話でお問い合わせ下さい。
お急ぎの場合などは、お電話でお問い合わせいただくのが1番確実です。(9時〜21時受付)